9月16日、台風18号接近に伴い翌日の「第3回 美殿オープンカフェ」開催について検討を行った。17日・18日の二日間、岐阜市が開催する「BRTトランジットモール」はすでに二日間とも中止が決定している。行政機関の中止決定は早いものです。美殿町はギリギリまで開催に向けて準備します。

天気予報では17日朝に九州上陸するとのこと。また前線の影響で17日の岐阜市は朝から3mm程度の雨が一日中降り続く予報。アーケードを持たない完全露天の美殿町通りに雨は大敵です。雨降る中、ガーデンチェアーを並べてのオープンカフェは無理との判断で、雨が降り続いている16日の夕方やむなく中止を決定しました。

中止を決定したものの、商店街理事長の諦めがつきません。深夜まで天気予報を眺め続けていましたが、予報が変わる様子はありません。空を見上げて天気を恨むしかありませんでした。

ところが16日深夜~17日の早朝にかけて雨は降りません。中止を決定したのですから雨が降り続いてくれれば、あきらめもつくのですが・・・・。トホホホホ。

17日朝9時、通行止め時間のになりました。雨は降っていません。空も明るくなっています。
このまま一日曇天のまま雨が降る気配が感じられません。柳ヶ瀬では「サンデービルヂングマーケット」の準備が慌ただしく行われています。アーケードがある柳ヶ瀬は雨に影響されません。露天の美殿町が唯一うらやましいと思うところです。


前日に「美殿オープンカフェ」を中止した美殿町通りはひっそりとしています。唯一屋根のある「日本タクシー乗場」に今回ゲスト出店のアウトドアショップ「嵓(KURA HOLIC)クラホリック」さんのみが出店しています。本来であればその前にオープンカフェが出現し多くの来場者が集まるはずだったのですが、ゴメンナサイ。

結局、閉会の4時まで雨は降らず、結果として「美殿オープンカフェ」は開催できたと悔やむ商店主達でした。イベント中止の判断は本当に難しいと痛感した一日でした。この経験を今後生かしていきたいものです。

それにしても「サンデービルヂングマーケット」は最強運です。「サンデービルヂングマーケット」開催日に雨が降ったことがありません。確実に降るという天気予報であっても、開催当日はどういうわけか空から雨が降ってこないのです。このことも今後の判断材料にしたいと思います。