2018年5月1日、miraiにて「まちでつくるビル(通称:まちビル)」5周年パーティーが開催されました。ビルオーナー主催で、美殿町の飲食店「さなえ食堂」「さんまるや」「ENISHI」「百蔵」「美殿屋漬物店」各店自慢の美味しい料理がふるまわれました。

2012年冬にシェアオフィスビル構想が立ち上がり、美殿町商店街の若手商店主3名、岐阜市外郭団体「にぎわいまち公社」2名、そして商店街活性化プロデューサー大前氏、ショップアドバイザー鷲見氏の7名が毎夜集まり街のコンセプトづくりから議論を始めました。
そして2013年4月にシェアオフィスビル「まちでつくるビル」2階、3階、4階を先行オープンしました。

そして2014年12月には、空いていた1階をクリエーターが集う場所になるようギャラリー&喫茶&日本酒BAR「mirai」がオープンしたのでした。
月日が過ぎるのは速いものであっという間に5年が経過しました。
岐阜大学工学部の出村先生、ゼミ生、岐阜女子短期大学の学生さん達もお祝いに駆けつけてくれました。
また「まちでつくるビル」近隣に誕生したシェアオフィスビル「カンダマチノート」、「矢澤ビル」、「ロイヤル40」、さらに10数年も前にシェアビルとして誕生した「柳ケ瀬倉庫」などに入居されている様々なクリエーターの皆さんも集まってくれました。

この5周年パーティーを機会に各ビルとの連携が図れれば楽しい街になるこどてしょう。

経過した5年間にはいろいろな出来事がありました。
入居者同士の出会いが発展しご結婚をされ、別々の事務所だったのを1つの株式会社設立になったこと。さらにご子息が誕生されたこと。
またこのご結婚をきっかけに立て続けに3組の入居者がご結婚されたこと・・・・。
各事務所とも業績アップに伴いスタッフを雇い、ビル全体の入居者人数が増加したこと・・・などなど。今回のパーティーに集まった人たちが皆「まちでつくるビル」5年間の想い出と実績を思い出しながら語り合い、次なる10周年に向けての希望と抱負を大いに語り合い盛り上がりました。