9月26日 追加情報

美殿町通りからキモノマーケット室内会場までをわかりやすくご案内するために、案内看板と横断幕を急遽製作いたしました。

当日のイメージ写真を作りましのでご覧ください。
10月3日・4日は写真のような光景が出現します。

看板の矢印の方向にお進みいただき、「キモノマーケット室内会場」の横断幕の矢印側の建物の1階・2階に
キモノマーケット室内会場があります。

当日風が無ければさらに会場入口まで赤絨毯を敷くことも計画していますので、はじめて美殿町に来られた方も、これで迷うことはないはずです。

10月3日(土曜)・4日(日曜)の二日間開催します美殿町秋祭のキモノマーケット室内会場への道のりお知らせします。キモノマーケット室内会場は、美殿町通りの野外会場から歩いて1分くらいの場所にあります。

柳ヶ瀬側から美殿町商店街へ入る場合は、神田町通りの日本タクシーと十六銀行の間の通りが美殿町商店街の通り(ガス灯通り)です。

その通りをまっすぐ行くと右手にある「徒然舎」という古本屋さんの角を右へ曲がります。(写真1と2)
まっすぐいくと、「のはら湯の看板」がありますよ。(写真3)

もうちょっとだけ歩くと営業中の銭湯!「のはら湯」です!ここの2階が『キモノマーケット会場』ですよ。「のはら湯」と同じ入り口をひるまず入ってくださいね!入ったらすぐ左手に階段がありますので、2階まで上がってください。(写真4)

「のはら湯」と同じ入り口を入ってすぐ左手の階段を・(どうぞ勝手に)お上がりください。(ご注意:右手にいくと銭湯です…)

ちょっと急な階段ですので気をつけて上がってくださいね。キモノマーケット会場のみご利用の方は入場料はいりませんので、そのまま階段を2階に上がってください。階段を上りきったら、『キモノマーケット会場』到着です!畳敷きの大広間ですので、履き物を脱いでお上がりくださいませ。

履き物を入れる袋をご用意しておりますので、ご自分の履き物を袋に入れてお持ちいただくと安心です。

続いて「きものなかむら」「天府の国」「ギフロマンチカ」が出店している1階会場をご案内します。

2階会場を下りて「のはら湯」を出たら右を見てみましょう。赤い電話ボックスがありますね。時計もあり、なんだかここだけヨーロッパという感じの横に1階会場の入口があります。(写真2)

緑の非常口ランプの光るこのガラスの扉(洋服のまやちゃんが指している扉です)を開けて中に入ります。(写真1)

この先が1階会場です。(写真3)
「キモノナカムラ」「天府の国」のオタカラキモノが会場内のアチコチに展示してあります。とびっきりお値打ち価格の着物コーナーも出現します。良い着物から売れてしまいますので、お早めにお越しください。
そうそう、「ギフロマンチカ」のかわいい和小物も出店していますのでお見逃し無く。
貴女なら先に1階会場から行きますか。それとも・・・、、2階会場から行きますか。どちらの会場も着物、きもの、キモノが満載。
キモノ好きにはたまらない1日となることでしょう。

これらの会場は普段は使用していない場所です。お掃除はもちろんしますが白足袋ですと汚れが気になるかもしれません。気にされる方はスリッパや足袋カバーをご用意いただければと思います。

この1階会場と2階会場の室内会場は雨天決行でキモノマーケット開催しますので雨でも晴れでもぜひぜひ遊びに来てくださいね♪晴れますように! ではでは('ω')ノみなさまのお越しをお待ちしております。