先日開催された『笹の会18 –恵那山の巻–』の様子です。10月も末日になり、少し肌寒くなってきました。日本酒もより一層美味しくいただける時期になります。今回は中津川市のはざま酒造株式会社の岩ヶ谷さまにお越しいただき、『恵那山』を飲み比べます。今回は『純米』『純米吟醸 ひだほまれ』『純米吟醸 山田錦』『純米大吟醸』の4種です。

『恵那山』は少し甘めの飲みくちが特徴のお酒です。「甘いという漢字はうまいとも読むから、甘みはうまみである」という方向性を持ってお酒造りをしているのだそう。キリッとした辛口も美味しいですが、お米本来の甘みを楽しむのも日本酒の醍醐味ですね。フルーティーで日本酒ビギナーさんにもおすすめ出来るお味です。

今回も百蔵さんに出張していただきました。今回は『恵那山』を使った牡蠣しゃぶしゃぶ!小ぶりで身の締まった牡蠣をお出汁にサッとくぐらせて、出汁醤油でいただきます。少し肌寒い日だったのでこれは嬉しい一品です。最後にはお出汁を『恵那山』で割っていただきました。まるでお吸い物のような奥深い味になりました。

今月も大人がワイワイお酒を楽しむ会となりました。次回は12月4日開催予定です。年内最後となりますので、是非皆さまお誘い合わせの上お越しいただけると幸いです。